受験勉強しないお子さんをお持ちの方へ | 大学・短大のパンフレット、資料請求で、図書カード・図書券プレゼントはこちらから

受験勉強しないお子さんをお持ちの方へ

超記憶脳

受験生なのに、子供が勉強をしてくれなく困っているお父さん、お母さんも多いと思います。

 

もし、あなたが勉強しろと言われたら、勉強をやる気になりますか

 

おそらく、いやいや勉強をするか、勉強をしないか、
やる気は出ないと思います。

 

つまり、勉強をしてもらうためには、子供に勉強のやる気を高めてもらえばいいんです。

 

もし、勉強に興味を持ち、やる気が出たら、
同じ勉強時間でも効果は高くなりますよね。

 

いやいや頑張っている人と、楽しみながら頑張っている人、
後者の方がメンタル面でもいいですし、継続も可能。

 

お子さんには、このような状態になってもらうことが理想です。

 

どうすればいいんだ?答えが知りたい方も多いと思います。

 

理論は、こちらのページに書いてあります。

 

行動するためには、感情のエネルギーに火をつけることなのです。

 

例えば、1週間以内に○○ができなかったら、死ぬとしたら、
みなさんは、死にたくないので、本気で行動しますよね。

 

これは、大げさな例ですが、リアルに考えることで、
その行動の優先度が1番になり、行動しなくてはいけなくなります。

 

ピンチの時は、好きとか、嫌いとか考えないですよね。

 

行動するのみって感じになりますよね。

 

ただ、この教材では、強制的に、無理に勉強をさせるような内容ではありません。

 

あくまでも、例としてお伝えしました。

 

もっとも効率のいい学習方法は、
いかに勉強をポジティブな感情で始められるか」です。

 

勉強が好きな方は、例えば、他の人よりも成績が良く、そのことが楽しいとか、
1回教えてもらえれば忘れないだったり、親に褒められるだったり、
勉強することで気持ちの良い体験がリンクされているからです。

 

逆に、嫌いな子は、その反対ですね。

 

この教材では、記憶力、集中力、暗記力をアップさせます。

 

簡単に言うと、今までの勉強とは違う感覚でやってもらいます

 

そうすることで、あれ?勉強ってこんなに簡単だったのかとか、
気づいたらこんなに勉強していたのかとか、
つまらない体験から、ちょっと違う体験をしてもらうのです。

 

そうすることで、今までのネガティブな感情ではなく、
ポジティブな感情で勉強ができるようになる

 

ポジティブなので、楽しい。

 

ただ、休憩はこまめに入れてください。

 

50分勉強したら10分休憩。

 

受験勉強は、長期戦なので、継続的に勉強できることが1番の強みになります。